令和2年度技術士試験合格発表

こんにちは、技術士@機械総監の赤星(hiro-PE)です。

本日(4/30)は、令2元年度技術士二次試験合格発表でした。

令和2年度 技術士第二次試験合格発表|公益社団法人 日本技術士会 (engineer.or.jp)

インターネット版官報 (npb.go.jp)

たくさんの方から合格のメールが来ています。

今年も全員合格していただきました。

毎年、この時が一番うれしいです。

一言、「ありがとうございました」だけでも、感慨深いものがあります。

「支援できてよかった」

と思う瞬間です。

今年は、

何年も合格できずに苦しんだ方がたくさんいました。

本当に良かったです。

今年も懸命に支援してまいります。

<合格された方へ>

合格された方、本当におめでとうございます。

ここまでの努力が報われましたね。

これから「技術士」を名乗る作業を楽しんでください。

めちゃくちゃ楽しいです!

そして、安全な社会の実現を目指し

皆さんの専門的応用能力を活かして下さい。

更なるステップアップを目指してください。

この勢いで、

総監受験は「あり」です。

私は1年空けましたが、

「失敗」

でした。

総監以外でも、

是非とも、

継継続研さんに励んでください。

<残念な結果の方へ>

毎年、4人に1人は残念な結果の方がいます。

しかし、まだ「不合格」ではありません。

今年、再チャレンジすればいいのです。

ここで、あきらめると「不合格」なのです。

コンピテンシーといった

指針が示され、

技術士らしい

論文や

口頭試験

が明確になりました。

経歴の書き方も

わかりやすくなりました。

一度、難関の筆記を合格したのです。

経歴票、筆記、口頭試験の内容を

コンピテンシーと照らし合わせてください。

不足していたところがわかるはずです。

その資質はあることを昨年の筆記は示しています。

自信を持ってください。

それが解れば、あとは表現するのみです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA